耕作放棄地で榊のソーラーシェアリングがスタートしました。

相性が良い「榊とソーラーシェアリング」が、静岡県浜松市でまた1件誕生しました。

 

新聞やニュースでも度々取り上げられますが、全国で40万㌶を超える耕作放棄地が社会問題となっております。

主な原因は「農業従事者の高齢化と後継者不足」と言われております。

今回の農地もまさにそのような問題を抱えており、耕作放棄地になっておりました。

 

しかし、「太陽光と榊でもう一度農業をやってみよう」という切なる想いに応えるべく、微力ではありますが営業部の社員5人で作付けの、手伝いを致しました。

 

 

ここで少し参加した営業部5人を紹介致します。

 

・人相は悪いが笑うとチャーミング?リーダーのO部長

・親切丁寧で優しい。ただ少し話が長い。農業経験豊富な還暦を過ぎたN課長

・婚活中の3〇歳。まだ春は遠い。彼女募集中のY主任

・ゆとり世代。言葉遣いが気になりますが、キャラで許される。最年少のA君

・腹周りが太く、中身は真っ黒。心は小さい。私、Iの5人です。

 

 

下の写真が工事前の写真です。

IMG_0057

雑草処理や整地に時間を費やすことおよそ2時間。

IMG_2593

綺麗な畑に生まれ変わりました。

トラクター作業も問題ありません!!

 

 

午後から段々と気温も高くなって参りましたが、防草シートを張って雑草が生えないようにします。

IMG_2596

ここで防草シートの作業中、1人に異変が!!

 

なっなんと!!

婚活中のY主任が呆然と立ち尽くしているではありませんか!!顔を良く見ると真っ赤っ赤。

 

すかさずO部長が「よし!全員休憩!!みんなに飲み物を!」

O部長からのお金を握りしめて私Iが依頼されて買って参りましたよ。Y主任が倒れそうですからね。

 

梅雨明け前なのになんという熱さでしょうか。近年の温暖化の影響で農作業の厳しさが増しています。

しかしその反面、パネル下の影の何と涼しいことでしょう。周囲の気温と比較して-5℃になっている実感があります。

 

休憩中、新たな発見がありました。最年長のN課長の燃費の良さです。

皆がペットボトルを早々に空にしている中、N課長だけは半分以上余っているんです。

本人は「いや~疲れたな~」と言いながら最も元気なのです。。。Y主任や私、Iは横で完全にバテていましたね。

 

さて、15分程の休憩が終わり作業開始です。

 

最年少のA君はさすが農家の息子。体力もあり相変わらず活発です。

リーダーのO部長も根性でリーダーシップを発揮しておりました。

N課長に至ってはペースが変わらず燃費の良さが光ります。経験値の違いですね。

私、Iは段々と作業にも慣れてきてバテなくなりました。

最もバテていたY主任はというと・・・

 

なんと!!

またしても呆然と立ち尽くしているではありませんか!!

 

最年少のA君「立っているだけが仕事じゃないよー」

Y主任「・・・・・」

もはや声すら発したくない模様。

少しして、

Y主任「・・・鬼教官がいる・・・」

ふり絞るような声でボソッと聞こえました。

O部長「もう一回休憩~」

倒れてしまっては一大事ですからね。

 

 

N課長が笑顔で「燃費悪いね!」

 

 

 

そしてその後、作付けが終了した写真がこちらです↓

IMG_2602

 

何ということでしょう!!

これでまた一つ、耕作放棄地が解消されました。

 

お施主様のI様も「いや~助かった。ありがとう。今から収穫が楽しみだよ」

お客様の願いを形に出来て本当に光栄です。ありがとうございます。

かき氷ごちそうさまでした。

 

農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ
(c)2015- SMART BLUE Co.,LTD. All Rights Reserved.