ソーラーシェアリングは地方創生の時代へ

無限の可能性を秘めたソーラーシェアリングは
地域に資本を呼び込み、地域のポテンシャルを開放し
地方創生と脱炭素を実現へ導く太陽になれる

ソーラーシェアリングのパイオニア
スマートブルーが証明します

ソーラーシェアリングで実現する地方創生

現在の脱炭素時代において、ソーラーシェアリングには耕作放棄地の増加、雇用の減少、高齢化、人材の流出、産業の縮小など、これら地域の課題に対して明確なソリューションが期待されています。農業と再生可能エネルギーが生み出す相乗効果によって持続可能な地方創生を実現します。

脱炭素

太陽光発電由来の再エネ電力で、地域と企業の脱炭素化に貢献します。地球規模の課題解決のためには、地域のポテンシャルのフル活用が欠かせません。

耕作放棄地解消

年々拡大を続ける耕作放棄地にソーラーシェアリングを導入することで、農地の生産性が取り戻せるだけでなく、周辺地域に活気を生み出します。

雇用創出

ソーラーシェアリング下での耕作を地域の農家にお願いをしたり、新規就農でソーラーシェアリングを始めたり、高齢化と農業人口の減少に歯止めをかけます。

ソーラーシェアリングとはどんなもの?

「ソーラーシェアリング」とは、農地の上に背の高い架台と太陽光パネルを設置して行う太陽光発電です。

太陽光パネルを一定の間隔をあけて設置することで、作物に必要な日射を確保し営農への影響を極力小さくしながら、1つの土地で農業と発電事業を両立することができます。

CO2の相殺で農地から
脱炭素を実現します

地域の再エネポテンシャルの
発掘と有効活用

耕作放棄地が地域農業の
シンボルに生まれ変わります

ソーラーシェアリングは
スマートブルーにお任せください!

ソーラーシェアリングのパイオニア

ソーラーシェアリングは太陽光パネルの影の影響から、影に強い作物にしか適さないと思われがちですが、弊社は多種多様な作物での導入実績から、お客様が望むソーラーシェアリングを実現いたします。

その豊富な実績から他県の農家様や同業者様、行政書士様から導入についてのアドバイスを求められることもあり、静岡から全国にスマートブルーのソーラーシェアリングを発信しています。

適応作物事例
ソーラーシェアリングのパイオニア

大学との共同研究実績と豊富な知見

スマートブルーは営農重視型を推進し、取り組んでいます。

弊社は静岡県立大学、東京大学、愛媛大学の3校との研究実績があります。これら研究から得られた知見やデータは、ソーラーシェアリングを申請する際に欠かせない意見書の添付資料として使用しているほか、ソーラーシェアリングの最適な設計に活用するなど、ソーラーシェアリングの普及と啓蒙に役立ています。

事業実績と挑戦
大学内ソーラーシェアリング実験圃場での共同研究

全国の自治体との連携事業

全国の自治体と連携事業を推し進めています。ソーラーシェアリングによる高収益農業の実証実験では、弊社圃場を実験圃場として提供し、栽培環境の適正化における考察を得ました。
その他、地方における脱炭素化や農地面積の減少、耕作放棄地の増加といった課題に対して、それらをまとめて解決できる最適なソリューションとして評価をいただいています。

設置事例
全国自治体とのソーラーシェアリング連携事業

ソーラーシェアリングについての
お悩み、解決いたします

ソーラーシェアリング導入に関するご不明点やお悩みは
お気軽にお問い合わせください。
弊社一丸となりサポートいたします。

サプライチェーンの脱炭素最前線・再エネ調達セミナー