ブログ

せんがまちの棚田で5年目の稲刈りをしてきました!

せんがまちの棚田で5年目の稲刈りをしてきました!

 

先週の22日土曜日に菊川市のせんがまちの棚田で稲刈りをしてきました!

せんがまちの棚田は、貴重な資産である棚田を持続可能な形で保存していくためにオーナー制度が導入されていて、農家ではない一般市民でも棚田を所有し、年間を通して田植えや稲刈りが体験できます。

弊社スマートブルーもこの事業に共感し2018年から、棚田のオーナーとして田植えや稲刈り、草刈りなどをしています。今回は5回目の実りの秋でした。

 

代表の家族をはじめ、農業部門の今年度新卒社員や法人営業の若手社員などが参加し、鎌を使って精力的に収穫してきました。

このイベントはもちろん農業体験の面白さもそうですが、地元婦人部の皆さんが作るお昼のお弁当が本当に美味しくて、最初から最後まで充実感に満ちた体験でした。

 

棚田は風通しが良いことによる病害虫の予防といった利点がある一方で、生産性の悪さから全国的に荒廃地化が進んでいます。

せんがまちの棚田もかつては担い手がいなくなり荒地となっていましたが、棚田の美しい景観や文化を残そうという取り組みが始まり、現在のオーナー制度による保存につながっています。

現在は地元大学の農学部の学生が主体的に管理およびイベントの開催を行っており、棚田の保存だけでなく地域振興の拠点としても機能するまでになっています。

今後も棚田のオーナーとして、微力ながら貢献して参りたいと思います。

 

せんがまちの棚田で5年目の稲刈りをしてきました! せんがまちの棚田で5年目の稲刈りをしてきました! せんがまちの棚田で5年目の稲刈りをしてきました!

【緊急開催】令和4年度補助金補正予算解説WEBセミナー