ブログ

SDGsゲームを使った学生選考会を実施!スマートブルーがSDGsアワードを受賞するためには!?

 

 

5月30日(木)スマートブルー静岡オフィスでは、2030SDGs公認ファシリテーターの寺島義智先生をお招きして、SDGsゲームと選考会を開催しました!

 

 

まず午前中に寺島先生のご指導の下、社内ではすでに新入社員も経験済みのSDGsゲームを行いました。

残念ながら、4月に行ったSDGsゲームでは全員の目的を果たせなかった暗い過去があります…

その雪辱を晴らすべく、今回は学生さんと総勢10名でリベンジをかけて挑みました!

 

そして結果はなんと、見事に全員目標達成&世界の状況メーターも満たすことに成功しました!

これを達成することができるのは10回に1度ほどの確率だそうで、大変貴重な経験をさせていただきました。

 

今回、学生さんがゲーム初参加であったにも関わらずこの結果を出すことができたのは、SDGsについて関心の高い方が多かったこともあるかなと思いました。

参加経験のある新卒の3人も学生さんたちに声をかけつつゲームを進行していて、徐々にSDGsに対する学びが少しずつではありますが深まりつつあるなと感じております。

そんなこんなで終えたSDGsゲームでしたが、振り返りが非常に特徴的でした!

子供の大好きなおもちゃで有名な「レゴブロック」を使用するというもので、遊び感覚で楽しく学ぶことができました。

何億とおりもの組み合わせで遊ぶことができるこのレゴブロックで頭の体操をしながら、みなさん没頭してレゴブロックと向かい合っていました(笑)

お題の中には、レゴブロックを使って「SDGs問題を解決してくれそうな、未来から来た生き物をつくってください」というワクワクするようなものもあり、今までにない新鮮な経験ができた、大満足の午前中でございました。

 

お昼休憩をはさんで午後からは寺島先生から学んだことを活かして、学生さん4人で「スマートブルーがSDGsアワードを取るためには?」といったテーマで考えていただきました。

午前中のゲームですっかり打ち解けたのか、初対面とは思えないくらい和やかな雰囲気で、それぞれ役割分担をしながらグループディスカッションを進めてくれました。

 

 

いざ発表!ということで、今回学生さんたちは「観光農園×食べ0レストラン」というアイデアを出してくれました。

内容としては、スマートブルーの農作物を使って観光農園を運営し、そこで出たB級品や廃棄食品を食べ0レストランにて再調理して提供などを行うことで、安価で安全な食べ物をより多くの方々に提供することができるといった仕組みを考えてくれました。

 

 

しっかりと午前中の学びも活かしながら、短い時間の中ではありましたが、スマートブルーとSDGsの両者のことを深く知ってもらうことができた一日でした。

学生の時から、SDGsについて学ばれているみなさんのこれからが非常に楽しみですね♬