ブログ

農福連携によってソーラーシェアリング産ブルーベリージャムができました

 

 

弊社が運営する「スマートブルーいわた農場」では、今年の4月上旬からブルーベリーの収穫が始まり、先月に収穫作業を終えました。

収穫されたブルーベリーは例年ふるさと納税の返礼品やネット通販、またケーキ屋さんへの卸ろしなどで皆さまにお届けをしており、今年はすでに完売御礼をいただきました。

ご購入いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

 

ネット通販例

 

これらは主に生食用としての販売で、生食で販売できない果実はジャムに加工しています。

今回、このジャムへの加工では静岡市の社会福祉法人様のご協力をいただきました。

事業としてクッキーやパウンドケーキなどのお菓子の製造、農作業などをやられており、いわた農場産のブルーベリーをジャムに加工していただきました。

 

残念ながらジャムの量には限りがあり、今回一般販売はいたしませんが、こうした形で収穫したブルーベリーをお届けできることを嬉しく思います。

今後も様々な形で地域への貢献を果たしつつ、皆さまにおいしいブルーベリーをお届けしていきます!