千代様

ブルーベリー農家 静岡市葵区

千代様

– 検討前はどのような悩みを持っていましたか?

今のソーラーシェアリングの場所は、元々椿園でした。ただそれだと固定資産税も払えないし、土地の有効活用をしたいというのが一番でしたね。

– そういった悩みに対して、なぜソーラーシェリングに注目したのでしょうか?

元々近くで経営しているテニス施設とゴルフ施設の夜間照明に莫大な電気代を払っていて、太陽光発電で賄おうと思い立ちました。 ただ、それよりも電気は電気で売電しちゃって、照明はふつうに買ったほうがいいよという話を聞いて、椿園で発電できないかなと。

– ソーラーシェアリングを導入するにあたり、なぜ弊社を選びましたか?

縁ですね。他の会社も講演会みたいなのがあって聞きにいきました。たまたま塩原さん(スマートブルー代表)とご縁があって、色々話聞いたら、なかなか若くていいなと思っていて。 会社もすぐ近くでしたから、そのまま即決まりです(笑)。 導入後のメンテナンスに何にしても、台風で電気が止まったときも、本当によく面倒見てもらっています。

– 導入に不安はありませんでしたか?

ソーラーシェアリング設備は20年という耐用年数があるけど、20年後30年後には設備をどうしようかということは頭の片隅にはありますね。 導入する農地も小高いとこにあって、風の影響がどうかなぁとも思っていました。でも大型の台風にも耐えましたからね、大丈夫でしょう。

– ソーラーシェアリング導入時の弊社の対応はいかがでしたか?

すこぶる良かったですよ。太陽光発電について全く素人の自分に対して丁寧に教えてもらってます。 導入後も(発電量を)遠隔監視で見てもらって、(発電状況が)おかしければ連絡くれてメンテンナンスしてくれてるし。 何しろ気分的に、何かあったらすぐ対応してもらえるという安心感がありますね。

– 導入から5年近くですが、売電の調子はいかがでしょうか?

すこぶる順調で、当初の予定よりも売電量、売電収入はちょっと多いですね。設置した場所が小高い農地なので、お日様が朝日が出ればすぐ当たるし、夕方山に沈むまでずっと当たってるから、 効率がすごくいいんだなと思います。

– ブルーベリーの生育状況、品質や生産量はいかがでしょうか?

品質も生産量も順調順調。遮光率もいまの割合で全く問題ないですね。もっと遮光してもいいかもしれないです。 あえて支柱を新たに建てることなく、架台を使って防虫ネットを設置できたので、完全無農薬栽培をできていることは本当に大きいですね。 来年あたりには、お客さんに来てもらってブルーベリー狩りをしてもらおうと思ってます。農薬をつかっていないんで、そのまま食べられるんですよね。

– ソーラーシェアリング下での作業効率はいかがですか?

今のところ、全く問題ないです。灌水システムでブルーベリーのポットに自動的に養液が行くようになっていますから。

– 最後に、他の農家さんにも勧めたいですか?

大いにそう思いますね。特にお茶農家さん。これからは玉露の時代じゃないかと思うんです。 若い人が手軽に飲めるようになりましたし、今は世界的にも流行りのスイーツや料理にお茶を使いますよね。 今も光を抑えて生育しているわけですから、茶畑にソーラーシェアリングを設置して、玉露用の遮光カーテンを架台につけることもできます。 ソーラーシェアリングも農業用機械の邪魔にはならないですしね。

【緊急開催】令和4年度補助金補正予算解説WEBセミナー