設置事例

乗金様 静岡県島田市 お茶事例

お茶40%7年
お茶ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)設置事例|島田市の乗金様 お茶ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)設置事例|島田市の乗金様 お茶ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)設置事例|島田市の乗金様 お茶ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)設置事例|島田市の乗金様 お茶ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)設置事例|島田市の乗金様
土地面積750㎡
発電容量28kW
年間発電量31,000kWh
場所静岡県島田市
遮光率40%弱
農業者乗金様ご本人
作物お茶
開所年2016年

ソーラーシェアリング以前に工場でも太陽光発電システムを設置され、FIT(固定価格買取)制度を使った売電事業のメリットを感じておられました。

お茶の取引価格が年々下落し収入が見込めない中、茶の木の植え替えに併せてソーラーシェアリングを導入いただきました。

 

お茶畑にソーラーシェアリングを設置する際は、こちらの事例のように植え替え時に行うことがおすすめです。ソーラーシェアリングの柱の間隔はおおよそ5mと規格があり、そのピッチに合わせて植樹すると摘採機での作業をスムーズに行えます。

茶畝がある状態での施工も可能ですが、柱を立てるために樹を一部刈り取ったり、茶畝に柱のピッチを合わせるために、通常よりも感覚の広いピッチを取ることで強度が落ちてしまう懸念もあります。

お茶畑でご検討の際は、ソーラーシェアリングと相性のいいお茶ですので、農作業の効率性を落とさずに済む植え替え時のタイミングでの検討をおすすめします。

お客様の声

ソーラーシェアリングを導入しようと思ったきっかけを教えてください

ソーラーシェアリングよりも前に工場に太陽光発電を設置していて、売電のメリットを感じていたことがあります。

導入の決め手は何だったのでしょうか

お茶の取引価格が年々下落して収入が見込めないという現状がありました。副収入を確保するために、茶の木の植え替えに併せてソーラーシェアリングの導入を決めました。

お茶ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)設置事例|島田市の乗金様 お茶ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)設置事例|島田市の乗金様 お茶ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)設置事例|島田市の乗金様

ソーラーシェアリングについての
お悩み、解決いたします

ソーラーシェアリング導入に関するご不明点やお悩みは
お気軽にお問い合わせください。
弊社一丸となりサポートいたします。

サプライチェーンの脱炭素最前線・再エネ調達セミナー