ソーラーシェアリングについて

「ソーラーシェアリング」とは、農地の上に背の高い架台と太陽光パネルを設置して行う太陽光発電です。
一定の間隔をあけて日照を確保するなど、営農への影響を極力小さくしながら農業と自家発電事業を両立する方法です。
これからの日本の農業を救うものとして注目を集めています。

ソーラーシェアリングでは、これまで国に認められてこなかった甲種農地・第1種農地・農用地区域内農地などの青地でも太陽光発電を行うことが可能です。
2013年の3月31日に農林水産省が指針を示し条件付きで許可が認められました。

さらにソーラーシェアリングでの太陽光発電は「産業用」に当てはまるため、20年間に渡り高い単価で売電できることも特長です。

急速にソーラーシェアリング導入農家が増えている、3つの理由

  • 実績が増えて、作物ごとの課題が解消されてきました。

    稲作、お茶、サツマイモ、デコポンなどの柑橘類など、様々な耕作地でソーラーシェアリングが導入され、農業経営を改善しています。
  • これまで流通していた架台はスチール製で腐食しやすく、重量があって剛性に欠けるものでした。

    しかし、当社がアルミ製架台を提供開始したことで様々な問題が一気に解決。利用者が急増しています。
  • ソーラーシェアリングが認可された2012年以降、売電単価は徐々に低くなっています。

    申請時の単価が20年間固定されるため、いますぐ申請したほうが断然有利なのです!

今、農業の未来に危機を感じているのは「後継者問題」。

今の農業は大きく分けて3つの問題(政策の問題・自然環境の変化・経営の問題)を抱えています。

いずれも時代の変化の中で置き去りにされ気がついたら手遅れと言わざるを得ない状況にあります。
農業従事者の高齢化問題、耕作放棄地の増加、天災による被害、そして分散作圃政策から集約型農業による効率化を急に求められる時代背景。これらはほんの一部に過ぎません。

そもそもなぜ高齢化が進み、耕作放棄地が増加しているのか…
原因は単純です。農業を継ごうという若い力がこの社会に湧き出てこないということがあげられます。

その最大の理由は生きていく糧である収入が安定的でなく、また十分と言えない点にあるのではないでしょうか。

農業が魅力を失うことで後継者問題が発生

ソーラーシェアリングは社会問題を解決します

農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ
(c)2015- SMART BLUE Co.,LTD. All Rights Reserved.