Posts Tagged ‘稲作’

県内初の稲作ソーラーシェアリング4年目

金曜日, 8月 25th, 2017
藤枝稲作ソーラーシェアリング1年目
Pocket


まずはトップの写真をご覧下さい。

ソーラーシェアリング直下の写真向かって右側は影が出来ていますが、見たところイネの生長度合いは、影の出来ていない左側と全く同じです。

 

8月太陽光パネル下のイネの生育度合い

 

 

こちらの圃場は今年初めて太陽光発電の下で田植えを行いましたが、すぐ左隣(西側)には今年で設置から4年目を迎える稲作ソーラーシェアリングがあります。

ソーラーシェアリングを継続するための条件である、周囲の平均単収と比較し80%以上の単収も毎年維持できており、品質も設置前と変わらない一等米です。

設置者様のI様にお聞きしても、影の影響はほぼなく全く同じように育っているということでした。

 

稲作ソーラーシェアリングをこれまで3年間行っているI様は、

「天候や温度に合わせて水を入れたり抜いたりし、肥料を撒くタイミングが変わってくる。作物も生き物だから、必ず成功するやり方というのは言えない。ただ、パネルの影の影響で少しはタイミングを変えることはあるが、影のせいで育たないということはないと思う」

と、仰っていました。

イネの生育を見る限り、影の影響はほとんどないとのこと

今年は気温の差が激しかったり、先月の台風数が異様に多かったりなど、営農環境は厳しい状況になっています。それでも順調に育っていて、I様も良いお米が出来ると仰っていましたので、今年も新米が楽しみです。

Pocket


静岡県内初の稲作ソーラーシェアリング

金曜日, 2月 10th, 2017
Pocket


静岡県藤枝市にて、県内初の稲作ソーラーシェアリング2号機目の工事を行っていると年末に投稿しましたが、1月30日についに完成いたしました!!

 

家を挟み、向かって左側には単管パイプ架台のソーラーシェアリング、右側にはアルミ架台のソーラーシェアリング、全国を探しても2種類のソーラーシェアリングを同時に拝める場所はないと思われます。

 

今年は太陽光パネルの下で、2機併せて2反(2000㎡)以上の田んぼでお米が収穫できる見込みです。

 

収穫したお米は販売しようとも思っていますので、よろしかったらぜひ召し上げってみて下さい。

 

僕も実際に食べてみましたが、とてもおいしかったです。

僕の家族は、「また食べたいから持ってきてくれ」と大盛況でした。

 

また、1号機は今年で4年目を迎え、農地転用の更新の時期となりました。

 

収量は規定の8割以上を問題なく達成し、品質もソーラーシェアリング導入前と変わらないので、問題なく更新されると思います。

 

 

 

以前よりもソーラーシェアリングの知名度は向上し、設置事例も増えているとはいえ、まだまだ許可事例のない市町村も少なくありません。
というのも、ソーラーシェアリングの許可基準は各市町村に委ねられており、実質的に判断をする農業委員会の裁量に大きく依存しているのです。その裁量の幅は、農業委員会ごとによって大きく違い、隣の市では認められても、こっちの市では同じ事業計画、同じ書類でも認められないという現状です。農水省の通知はあくまで指針であって、全国で統一された明確な基準があるわけではないことが、ソーラーシェアリングの発足以来続いている課題です。

 

とはいえ、農業とエネルギーが抱える深刻な問題や、世界の潮流、地域で求められている地産地消を考えれば、これからもソーラーシェアリングの案件は弊社でも、全国でも増え続け、更新を迎える案件も増えていきます。日本の農業とエネルギーを元気にできるソーラーシェアリングを、お客様のお力をお借りして今後も広めていきたいと思います。

Pocket


ソーラーシェアリングの単管パイプ架台とアルミ架台

火曜日, 12月 27th, 2016
Pocket


農業を行いながら太陽光発電を同じ土地で行うソーラーシェアリング、今では数多くの案件があり、知名度も上がっていますが、まだ実績がほとんどなかった4年ほど前は苦労していました。

 

当初、ソーラーシェアリングは農水省からの通知により許可を取れば行えるようになったとはいえ、許可を出す役場の方でさえ知識が浅く、明確な判断基準がなく、簡単には設置ができませんでした。

 

弊社はソーラーシェアリングを広め、日本の農業を救いたい!という思いから、役場の方と連携を取ることや、説明会を行うことなどして、実績と知名度を高めようと活動していました。

 

そんな折、稲作農家のI様が、自宅の横の田んぼでソーラーシェアリングを行いたいと手を挙げてくれました。

当時はソーラーシェアリング自体珍しい事業でしたが、田んぼで、しかも稲作はさらに珍しく、県内初の試みでした。

数社のテレビ局からの取材もあり、ニュースでも取り上げられました。

僕もチラチラと写っています(笑)

 

 

I様が県内初の稲作ソーラーシェアリングを行っていただいたおかげで、その後の稲作やその他の作物のソーラーシェアリングが全国で広まったと言っても過言ではないと思います。

 

あれから約2年半の月日が流れ、お米も無事3回収穫をすることが出来ました。

そして今まさに、その県内初のソーラーシェアリングの家を挟んだ横隣に2号機を建設しています。

 

元々ソーラーシェアリングと言えば単管パイプ架台が主流で、弊社でも当初は単管パイプ架台を採用しこの圃場も単管パイプを用いています。

しかし、20年、30年と長く使っていただくことを考えた時、

「もっと強い架台を作りたい!」

という思いから、アルミ架台のソーラーシェアリングを製作致しました。

 

そして今回はアルミ架台を採用しています。

ということは、家を挟んだ横並びに単管パイプ架台とアルミ架台のソーラーシェアリングが出来るということです!

 

日本、もしかしたら世界でもそんな場所はないかもしれません。

完成したらぜひ見学に来てください!

 

%e9%ab%98%e6%89%80

新しいことを行うということは大変なことですが、誰かが初めの1歩を踏み出さなければ、今の世の中はなかったかもしれません。

 

ソーラーシェアリングもさらに進化させ、さらに農業が活発になるための一助を担うべく、今後も新しいことにチャレンジして参ります。

Pocket


農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ
(c)2015- SMART BLUE Co.,LTD. All Rights Reserved.