Posts Tagged ‘サカキ’

静岡県浜松市で新たなソーラーシェアリングが完成!

月曜日, 2月 5th, 2018

静岡県浜松市で新たなソーラーシェアリングが誕生致しました。

 

今回の農地ですが、先代のお父様から引き継いだものの、お勤めされていて農業を営むことはなく、いわゆる耕作放棄地になっておりました。

 

そこで、弊社のブログでも何度かご紹介している地元浜松市の農業生産法人N様が取得されました。

2017年12月初旬から工事着工し、12月下旬にはご覧のように架台組みが終わりました。

 

年末年始を経て、2018年1月上旬からいよいよパネル設置工事が始まりました。

 

 

風も強く、寒さも厳しい中、職人さん達が一枚一枚丁寧に設置をしていきます。

 

1月も下旬に差し掛かるころには、パネルの設置もご覧のように完了しました。

少し見づらいと思いますが、写真の奥の方をよ~く見て下さい。

先日、完成したもう一基のソーラーシェアリングがあるのです!!

 

詳しくは過去ブログをどうぞ♪

耕作放棄地でソーラーシェアリングの工事が着工しました。

続)耕作放棄地でソーラーシェアリングの工事が着工しました。

 

今回もN様の想いを形に出来て誠に嬉しい限りです。

 

作物は、暖かくなる春先頃に植付け予定です。

またブログでご紹介するのが楽しみです!

続)耕作放棄地でソーラーシェアリングの工事が着工しました。

木曜日, 1月 11th, 2018

静岡県浜松市で新たなるソーラーシェアリングが誕生致しました。

 

前回の私(岩崎)のブログでもお伝えしましたが、2017年10月の長雨の中での工事着工からおよそ2ヶ月後、2017年12月、電気工事も終了し、無事にお施主様へのお引渡しが完了致しました。

→前回ブログはこちらから

 

 

この農地の以前の所有者はお父様から相続で引き継いだそうですが、お勤めされていて農業を営むことはなく、耕作放棄地になっていたそうです。

 

そこで、

「耕作放棄地で荒れた農地を再生させて、雇用創出を生み出し地元に貢献して浜松を元気にしていきたいんだ」という熱い想いの地元農業生産法人N様が農地を取得されました。「放棄地を綺麗にし作物を育て、電気を創り、地元で消費する。こんなに貢献できる事は中々無いからこの想いを形にして欲しい」

とういう熱い想いを形にすべく、2017年の10月から工事着工となり、先月その想いを形にすることが出来ました。

 

N様 「売電収入は実は農業への事業拡大の為なんだよ。農業+太陽光というのは正に理に適っているよね。」

 

私I「日本の限られた土地を考えると正にその通りですよね。」

 

N様「だよね。それに2年後は東京五輪もはじまって、静岡も誘致できたし、海外から来るアスリートの皆様に安心・安全なオーガニック食材をここ浜松市で作り、そして食べて頂くんだ。静岡県浜松市は、日本の中でその先駆けとして僕らは頑張って地元に貢献し、活性化させていくつもりだよ!」

 

N様の農業に対する熱い想い、そして育った地元に対する地元愛を聞くことが出来ました。

 

暖かくなる春先に作物を植える予定です。

私のブログでまた報告致しますので皆さまお楽しみに!

静岡県島田市にて、ソーラーシェアリング下部に榊の苗の植付けが完了しました。

火曜日, 7月 18th, 2017

新型フルアルミ架台の1号機でもある静岡県島田市の圃場にて、6月某日、榊の苗の植付けが完了致しました。

 

こちらの圃場については10年以上も耕作されていない、いわゆる「耕作放棄地」になっておりました。

 

※詳細については↓から、以前UPしたブログです。

耕作放棄地がアルミ架台のソーラーシェアリングの完成により、また一つ解消されました。

 

 

およそ一年前の写真ですが、お施主様が耕作をせずに雑草の処理のみしておりました。

 

 

こちらが工事完了後の写真です。

 

今後、ソーラーシェアリング下部において、榊がどのように育っていくか、(一社)全国営農型発電協会と共に生育調査を行っていきます。

 

また、空いているスペースを活用してシイタケの原木栽培を行っているので、合わせて生育状況を追っていきます!

 

 

農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ
(c)2015- SMART BLUE Co.,LTD. All Rights Reserved.