農地一時転用申請用意見書付きソーラーシェアリング架台パッケージ農地一時転用申請用意見書付きソーラーシェアリング架台パッケージ

「意見書」付きソーラーシェアリング架台パッケージは、稲作、お茶、榊のそれぞれの作物に対応した設計で、発電容量の大小にも幅広く適応可能です。
また、農地の一時転用許可申請に欠かせない「意見書」も作物毎に用意され、「意見書」と架台をセットでご提供致します。
ソーラーシェアリングに興味はあったけれど、詳しくはわからなく悩んでいる農家様や、農地転用許可申請でつまずいてしまった業者様など、「意見書」だけ、あるいは「架台」だけのご提供も可能です。
まずは各パッケージのページをご参照の上、お問い合わせ下さい。

農地一時転用申請用意見書付きソーラーシェアリング架台パッケージ

作物に合わせて選べるパッケージ

  • 稲作パッケージ

    イネは一般的に日射が必要な作物であるため、他のパッケージに比べ日射を多く確保できる設計をしております。
    そのためイネだけでなくナスやキュウリ、サトイモやサツマイモ等のイモ類、イチジクやブドウといった果樹類など、幅広い作物に対応できます。

  • お茶パッケージ

    お茶は日射を多く受けすぎると、味に渋みが出る他、葉が焼けてしまうこともあります。収穫前に遮光ネットで被覆をする栽培方法が広く行われており、これにより甘みと深みのある質の高いお茶ができると言われております。

  • さかきパッケージ

    榊は高木が生い茂る山林の低層に自生する陰性植物です。日の当たらない日陰、半日陰を好み、日射を受けすぎるとお茶同様に葉が赤く焼けてしまいます。そのため榊のソーラーシェアリングでは太陽光パネルを敷き詰め、自然界で自生している日射がほとんど入らないような環境を作り出します。

上記のほか、作物の特性に合わせたオリジナルのパッケージのご提案も可能です。詳しくはお問い合わせください。

架台パッケージのお問い合わせ

ソーラーシェアリングの認可を受けるために

農地転用許可がなかなか下りずに、苦労した経験はありませんか? ソーラーシェアリングを始める上で、欠かせないのが農地の一時転用許可申請です。とりわけ重要なのが、下図2の関連データと「意見書」です。弊社は営農型太陽光発電について豊富な知見を持つ「一般社団法人全国営農型発電協会」とのネットワークを持っており、一般的に入手が困難とされる「意見書」と架台をセットで提供することが可能です。また、弊社では大学、協会との共同研究によるデータの蓄積や、「影の見える化ソフト」の導入によるシミュレーションの実現なども行っております。

ソーラーシェアリングの認可を受けるために

ご存知ですか?

農地一時転用申請に必要な書類について

農地一時転用許可申請に必要な書類について
通常の農地転用許可申請書類の他に、下記の書類が最低限必要です。

  1. 営農型発電設備の設計図
  2. 営農型発電設備の下部の農地における営農計画書及び当該農地における営農への影響の見込書
  3. 上記2.の根拠となる関連データ又は必要な知見を有する者の意見書

なぜ、「意見書」が重要なのか

ソーラーシェアリングの認可は平成25年4月1日より始まった制度によるため、ソーラーシェアリング下部の農地における関連データは非常に限られており、根拠のあるデータとして示すには実績値がどうしても不十分です。そのため、現在は必要な知見を有する者の意見書が必要となる傾向にあります。ところがこの「意見書」についても、認可の実績がない企業様にとっては、知見を有するものとのパイプがない等、「意見書」を準備するにも容易ではありません。「意見書」が準備できないがために、案件が滞っているというお問い合わせも多く頂きます。それだけソーラーシェアリングの認可には、「意見書」が欠かせず、農地の一時転用許可申請の大きなハードルとなっております。

農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ
(c)2015- SMART BLUE Co.,LTD. All Rights Reserved.