ソーラーシェアリングに関するよくあるご質問・お悩み

青地でも太陽光発電事業は可能なのか

可能です。ただし、完全に農地を転用してしまって太陽光発電所にするには年単位の申請と相当な労力を要し、加えて太陽光発電が目的での農地転用は原則認められておりません。 そのため、一時転用という形をとり、農業を続けながら太陽光発電事業(ソーラーシェアリング)を行うことが現実的です。 ただし、農地が一団の農地(集団農地)の中央に属する場合や、将来農地の集約化が予想される地域ですと、ソーラーシェアリングであっても認められない場合があります。 その判断は各市町村の裁量によるところが大きく、隣の市では認められても、自分の市では認められないということが十分に起こり得ます。 まずは、検討している農地に太陽光発電の設置が可能かどうか、市町村役所に確認を取りましょう。 弊社でも無料で承りますので、お気軽にご相談下さい

農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ
(c)2015- SMART BLUE Co.,LTD. All Rights Reserved.