ソーラーシェアリングに関するよくあるご質問・お悩み

作物はなにが適しているのか

作物は生育に必要な日照条件により、日照がより必要な作物から順に、陽性植物、半陰性植物、陰性植物とに分けられます。 ソーラーシェアリングは太陽光パネルの影が下の農地に落ちることから、一般的に半陰性植物、陰性植物が好ましいのではないかと言われております。 半陰性植物には、レタスやワサビ、サトイモ、ネギなどがあり、陰性植物にはミョウガ、フキ、ニラ、サカキなどがあり、どれもソーラーシェアリングで栽培されている実例があります。 では、陽性植物には向かないのかと言うと、決してそのようなことはなく、日照が必要とされる水稲についても弊社では複数の実績があり、その事例を公開しております。 弊社では作物ごとの特性に適した設計により、陽性、陰性を問わず、ソーラーシェアリングの導入が可能です。 「〇〇でやってみたいんだけど・・・」というご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ
(c)2015- SMART BLUE Co.,LTD. All Rights Reserved.