ブルーベリーとソーラーシェアリングは相性の良い点滴灌漑システムで

Pocket


皆さん、こんにちは。

すっきりしないムシムシした日が続きますよね・・(^^;

 

昨日は、遠路はるばる群馬県より(有)角田農園様がブルーベリーの

ソーラーシェアリング圃場を静岡市まで視察にお越しくださいました(^^)

こちらは昨年2015年秋に発電を始めた、静岡市にあるS様ブルーベリー農園です。

 

ここでちょっとS様ブルーベリー農園のご紹介を。

約1200㎡に敷き詰められた防草シートの上に、ポット200鉢のブルーベリー

が綺麗にならんでいます。

同時に上空にならんだ100Wの太陽光パネル540枚が元気に発電をしております。

マグノリア、ブライトウェル、パウダーブルー、ミスティなどなど、

6種のブルーベリーを列ごとに収穫時期をずらして栽培しています。

施設脇にある液肥混合ユニットから、タイマー制御で水と液肥をPH調整してチューブで

ドリップしています。

(ブルーベリーはPH4.8前後の酸性を好むそうです)

ポットの中は土ではなく、スポンジ樹脂の粒状アクアフォームを入れていて、

こちらは空気層が厚いため、十分に酸素を含みながら難しい湿度管理を上手くコントロール

してくれています。

ただし表面は乾燥しがちですので、敷地内の本来処分する予定だった竹のチップを

敷いています。(葉っぱや木くずでもOKだそうです)

また施設全体をソーラーシェアリングの支柱(架台)を利用して、防虫ネットを

屋根から側面まで全面設置しています。

これは害鳥やカメムシ・黄金虫などの害虫対策に非常に有効です。

ネットの内側では受粉を促すためにハチを放しています。

健康志向が益々強まる中、ブルーベリーは生食での需要はもともと高く、ジャムなどの

加工品でのニーズも安定的にあります。また観光農園として成功している農家様も

いらっしゃることから、地域活性化にも役立つかもしれません。

もちろんソーラーパネルを設置することで、安定的な売電収入もが得られますので

ダブルで収入UPが期待できるのではないかと思います。

まだまだお伝えしたいのですが、長くなりますのでこの辺で・・

詳しいご質問やご興味のある方は、是非お気軽に弊社までお問合せください。

お問い合わせ・資料請求

また、少人数の説明会を随時開催して、ブルーベリー栽培のノウハウから設備設置計画、

予算や融資、販売先のアドバイスまで一貫してサポートさせていただいております。

そもそも通常の露地栽培では、4~5年ほどかかるといわれる収穫も、最適な環境を作るこ

とで2年ほどで収穫できることも大きなポイントになっています(投資回収が早い!)

とにかく面倒で手間の掛かる雑草の手入れや、難しい土作りから少しでも解放されるならばうれしいですよね。

今ある農地を有効に活用して安定収入を得る方法は、実はまだまだあるかもしれません。

 

(有)角田農園様からお土産にいただいた、山盛りの群馬名産のほうれん草。

DSCN0588

みずみずしくて、ホントに美味しそうです。

皆で山分けしますね(^^)

ありがとうございました。御馳走さまです!!

Pocket


農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ農地一時転用申請用意見書付き ソーラーシェアリング架台パッケージ
(c)2015- SMART BLUE Co.,LTD. All Rights Reserved.